社員ブログ

このブログでは、社員のお誕生日の様子や、社長とのお食事会など賑やかで楽しい社内の様子をお送りしたり、月に一回のシャッフルランチや社長とのフィードバック面談についてなど当社独自の制度についてのご紹介や、また新入社員や内定者のご紹介、そして当社の誇る愉快で魅力的な社員たちのインタビューも掲載しています!

【社員インタビュー】保宗 紅菜

2016年06月10日

インタビュー

びびり・オタク気質・順応性を武器に

インタビュー_保宗

【株式会社インフォランスに入る前】

インフォランスに入社前は、愛媛の大学で微生物や深海魚について研究していました。研究者養成コースにいたため、研究者になる道も選べましたが、就職活動を行うにつれ、研究職以外の仕事にも惹かれるようになっていきました。大学時代の趣味は、アルバイトでためたお金で海外旅行に行くことで海外での就職も考えていました。

大学3年の7月から就職活動を始めた私は、5ヶ月目にしてやっと、自分がウェブ関連の仕事に就きたいのだと気づきました。そこから、エンジニアやプログラマーなど多数web関係の選考を受けましが、「即戦力にならない」と選考に落ち続けていました。

インフォランスには、大学4年の2月にWantedlyでwebマーケター募集の求人を見てエントリーしました。一番初めの面談から佐々木社長がお相手で、驚いたのを今でも覚えています。面談では、インフォランスが精鋭集団であること、事業別採算性であること、グループ会社も含めると国内外の多種多様な業務を行っていることなどをお聞きしました。また、その際に「同年代よりも成長したい」と社長にお伝えしていたところ、内定者でありながら、新卒採用面談の一端を任せて頂けることになりました。 「こんな経験をさせてくれる会社は他にない!」そう感じ、入社を決意しました。

【現在】

私は日々、様々な業務を任せていただいています。SNSやWEB広告を使った集客をはじめ、webサイト用の記事を書くことや、その記事をwebにアップロードするための作業、webサイトや広告物制作の進行役も業務の1つです。

【株式会社インフォランスについて】

インフォランスで働き始めて、自分の力が日々試されていると感じています。というのも、単純作業でない業務も多いため、その成果によって自分の価値が決まると思うからです。また、従業員数も多くないため、「自分がここまでやればいい」という線引がありません。様々な業務に携わることができ、次に何をすべきか自分で考えて働く必要があるため、ルーチンワークが好きではない人にはおすすめです。 加えて、社長など経営陣との距離も近いので、緊張はしますが、チャンスの多い職場だと感じています。

【今後どういうことをしていきたいか】

直近の目標は、「与えられた業務に自分の100%で取り組み続けていくこと」と「知識やスキルを吸収し続けること」、この2点を通して、自分の存在意義を確立していくことです。そして自分の力でインフォランスの収益を上げ、それを数字で見ることが将来の目標です。

この記事を書いた人:Kurena