募集要項

成功している優秀経営者へアドバイスをする経営コンサルタントになりませんか?

何をやっているのか

【社長と直接取り引きができる経営コンサルタントになろう!】
私たちのクライアント(お客様)は、ほぼ100%、トップの社長です。
総務部長や財務部長ではありません。

日本にある企業の99.4%の割合を占めている中小企業の、
その中でも利益をあげている優秀な社長だけがクライアントなのです。

利益企業の社長は優秀です。
なぜなら、
過酷な経済競争の中で実際にしっかり収益を上げることができているからです。

(当社のお客様の特徴) ・業種に統一性が無い
・場所は日本全国バラバラで統一性が無い
・会社の規模もバラバラで統一性が無い
・しかしどの会社も儲かっている
・経営者が比較的に若く、レベルが高い

なぜ、私たちのクライアントが利益企業だけなのか...
それは、私たちの提案の強みが節税対策のコンサルティングだからです。
(節税が必要な企業=利益企業だけ)という方程式が成り立っているからです。

それとなぜ、クライアントが若くてレベルの高い社長なのか...
それは、インターネットで何か新しい情報が無いのかと探そうとする、
インターネットが使えて、かつ情報に対するアンテナが高い社長がお客様になりやすいからです。

私たちは、このような優秀で事業で成功している社長に対して、
社長がよく知らない経営側面部分のアドバイスをするコンサルタントとして、
お役に立つ役割を担っています。

【「経営側面支援部分」とは何でしょうか?】
経営側面部分とは、どの会社も必要となる経営上の知識です。
デザイン会社でも飲食店でもメーカーでも、すべての業種でも必要となる知識です。

それは、財務であり、税務であり、人材採用であり、
ブランディングであり、マーケティングであり、海外進出であります。

それらの中でも経営コンサルティングの主たる内容は、
経営者が苦手で本当に困っている税金に対する問題解決が中心です。

利益を出している社長が必ずしも税務について詳しいわけではありません。
特殊能力が高く、事業で攻めて成功はしたものの、
企業防衛についてはまったくわかっていない社長が多いのも事実です。

私たちは、成長企業を経営している優秀な社長が、
さらに成功を収めることができるように、
どの企業も共通で悩む経営側面部分をサポートしています。

経営で成功している優秀な社長と話をして、
税務面でアドバイスをして導いてあげる経営コンサルタントとしての
キャリアパスを当社で描いてみませんか?

なぜやるのか

【 多くの経営者は経営者として完璧ではない!! 】
多くの人は、ほとんどの経営者は何でもできる万能な人だと思っていますが、
現実はそうではありません。

自分の得意分野は異常に強いですが、バランスが取れている人は少ないものです。

私たち経営コンサルタントは、どの企業経営者でも悩む難しい問題の解決をしてあげるのが仕事です。

経営の様々な問題をクリアにして、経営者が安心して本業に専念できれば、
その会社はますます力強く成長します。
私たちは経営者が抱える本業以外の部分の問題解決をすることで、
日本経済のますますの発展に寄与していきたいと考えているのです。

(経営者が抱える共通の悩み)
・法人税/所得税などの税金がよくわからない
・利益計画/給与計画をどうすべきか知らない
・税理士などの優秀な専門家の選び方がわからない
・新卒採用/優秀な人材採用がうまくできない
・海外進出の方法がよくわからない

私たちはこれらの経営側面の部分を幅広くサポートしています。

どうやってやっているのか

【経営コンサルタントは自ら営業活動はしない】
経営者から先生と思われるべき存在が営業活動をしていたら信頼されません。
私たちは相談に来てくれる経営者の方に完璧に満足していただけるように、
最高品質の提案をすることに専念しています。

リアルな世界から紹介で入ってくることもありますが、
多くはインターネットを通じて相談が入ってきます。

まずは電話やメール等でやり取りをして、大枠の方向性を固め、
それから日本全国どこでも訪問して面談してじっくり話をする流れです。

日本は交通網が発達しているので、東京から日本全国を対応しています。
地方に支店などはありません。

節税対策には生命保険の商品を使うことが多く、
そのために生命保険の幅広い知識を身に付けていくことは必須です。

その他にも、法人税、所得税、相続税などの税務に関する幅広い知識を身に付ける必要があります。

また、経営全般に関する知識も身に付ける必要があります。
経営者と同じ思いを持てるだけの総合的な知識を身に付ける必要があります。

経営コンサルタントになるのは簡単なことではありません。
経営者にとっての先生になるわけですから、幅広い知識を持つことは必然です。

あらゆる業界の、あらゆる規模の経営者の悩みを理解できるようになるためには、
それなりの修行の道が待っています。
簡単に本物になれるなら、そんなことができる人は世の中にすでにあふれているはずです。
経営者がほしがっているけど、その辺に転がっていない知識を持つことで、
経営コンサルタントとしての希少価値が出てくるようになるのです。

当社で社長と直接やり取りをして、
心から満足してもらえる本物の経営コンサルタントを目指してみるのはいかがですか?

こんなことやります

【 経営コンサルタントとして輝こう!】
経営コンサルタントとは知的業種です。

そのため、本物のコンサルタントになるためには、日々の努力が必須です。
専門的なことからあらゆることの知識と教養を身に付けていかなければなりません。
そのため、成長意欲の高い人が向いている職種と言えます。

経営コンサルタントとして成長するキャリアパスは下記のようなものになるでしょう。
もちろん、人によってはこのキャリアパスを進む速度が変わります。

【 想像できるキャリアパス 】
(卵)
まずはコンサルタントが提案する内容を理解するため、
バックオフィスにて提案書や資料の作成&作成方法を学び、
提案資料の作成を自分でできるようになる。



(幼虫)
電話等で相談が入ってくるお客様に、
電話口である程度の問題解決を提供して、
小さな案件は電話やメール等で自己完結できるようになる。



(さなぎ)
コンサルタントと一緒にクラアントへ帯同訪問して、
提案手法やディベートを学びながら、コンサルタントの業務サポートを行う



(孵化)
現場に自分が全面で立ち、
まずは小さな案件をすべて一人で完結できるようになる。
ただし、後ろにはコンサルタントのサポートが常に付いている。



(成虫)
すべて一人でクライアントの問題解決が行えるようになる。
プロの経営コンサルタントとして独り立ちしている。

プロフェッショナルでバランスのとれた経営コンサルタントになるためには、
それなりの時間を要するでしょう。
簡単なことではない分、高い存在価値が出ます。

成功している経営者にアドバイスを行うことで、
本物の感謝を受けられ、「もっと早くお会いできていたら良かったのに...」と
経営者から言われる、非常にやりがいを感じられる仕事です。

成功している社長の先生として感謝される存在として社会で働きたい方、
ぜひ話を聞きにきてください。
お待ちしています。

業務や求める人物像について
業務内容

・バックオフィスにて提案書や資料の作成
・お客様に、電話口である程度の問題解決を提供
・コンサルタントと一緒にクラアントへ帯同訪問
・現場で経営コンサルタントとして活躍

歓迎経験・能力

・新卒の場合:指示を忠実に実行できること。
・中途の場合:業務に関連する実績、業績。

求める人物像

・ワンピースが好きな方
・社内イベントに喜んで参加する方
・いろいろなことに挑戦したいと思いがちな方

条件・待遇
採用形態

新卒採用, 中途採用

募集する職種

セールス

就業時間・勤務期間

・9:00~18:00(休憩60分)

報酬

・ 新入社員について
月額 250,000円~(能力次第で上振れもあります)

・中途社員について
能力に応じて決定